【醸造1周年!】ガハハビール、ブルー居酒屋の昼下がり。


江東区初のブルワリー(ビール醸造所)として、昨年オープンしたガハハビール。
団地ど真ん中のロケーションにもかかわらず、昼に夜にお店を訪れる沢山のお客さま。
その魅力を探るべく、土曜のまさにビール日和な午後、お店を訪ねてみました。
「いらっしゃいませ!」オーナー兼ブルワー(ビール職人)の馬場さんの元気な声に迎えられます。
(聞き手: 村上ハルミ / 鮮魚村上)

(村上)-9月には醸造1周年 を迎えられました。おめでとうございます。自家製ビールは昨年9月に開栓でしたけど、6月にプレオープンしてたんでしたね。

(馬場)そうです。1月に店舗を契約し、まず酒類等製造免許の申請をしました。免許が発行されるためには、醸造する場所と設備を備えていることが条件なんですね。なので、醸造ができるようになるまでの一定期間、家賃をただ払い続けることになるとは覚悟していたんです。

- 店に来て外壁塗ったりしてましたよね。

免許が発行されるまで時間もあるし、棚とかつけたりしてましたね。

- お店って開店するまでが一番楽しいよね。

本当ですか? いや、自分はそんなこと無かったですよ。お客さんに喜んでもらえるビールが作れるかどうか、不安でいっぱいでした。免許もなかなか発行されませんでしたし…。本当は免許が下りるタイミングでオープンしたかったんですが、このまま待っていてもと、6月にランチのみ営業を開始しました。免許が発行されたのは8月でした。長かったですね…(遠い目)。

- 営業開始から自家製ビールの提供が出来なかったのは残念だったでしょうね。でもマスターは調理の経験も豊富だから、料理でもファンがつくなと、ちょっと自信もあったでしょう?

ガハハ(以降、(笑)←マスターの笑いはいつも「ガハハ」なんです)。
そうですねえ…。開業する前からブルワリーのほか、飲食店でも修行してましたし、今出しているようなメニューは自分が心をこめて作るビールと一緒に提供したいなという想いはありました。

- ここに来ると、築地の有名な食堂、東都グリルを連想するんですよね。食事もうまくて、朝から飲めて、魚河岸で働く人、近隣のサラリーマン、近くに住んでるお年寄りに観光客と、築地の中から外から人が集まってきて食事している。

いいですねぇ、そんな感じの店。うん。

- ここはブルーパブ(注: 店内でビールを醸造し提供するパブ)じゃなくてブルー居酒屋なんですもんね。何か特別な意味が?

ブルーパブは沢山あるけど、ブルー居酒屋は日本初だからです(笑)。日本初、いいなと思って。
おつまみをとったり、シメにカレーを食べたり。魚料理も出しているので、ちょっとお酒に切り替えたいなとか、柔軟なお店でいたいなというのもあります。

- ガハハビールって名前はマスターの笑い声からだというのは既に知られてますけど(笑)、正式な店名の横十間川酒造というのはどうして?

地域に根付いたブルワリーを目指しているので、というとカッコ良すぎますね(笑)。地元出身ですから、何か近くにあるものと考えました。店名に「酒造」は絶対つけたかったんですよね。ハクがつくじゃないですか(笑)。
でもね、来店されたお客さまの中には、醸造会社の飲食部門と思う方もいるんですよね。この前も「今度行ってみたいんだけど、横十間川酒造って会社どこにあるの」と聞かれ、「いやここです」と(笑)。

- マスターも愛されキャラだけど、お店を手伝っているお母さんの存在も大きいですよね。アットホームな雰囲気のこのお店には欠かせないんじゃないかと。

(笑)。よく喧嘩してますけどね実は。でもそれって幸せなことかもしれませんね。ずっと協力してくれている家族には感謝しています。って、こんな(記事に掲載された)時しか言えませんけどね(笑)。

なんてお話をしながらいただいたランチの日替わり定食900円は、おかず二品にサラダ、小鉢つき。ライスまたはビールが選べます。

ここの自家製ビール、ネーミングもユニーク。価格も良心的。飲み比べできる3種セットもありますよ。

中休み無しの通し営業。団地の日常を窓から眺めながらの昼飲み、極楽です!(ああ、店に帰りたくない…。)

【お店の紹介ページはこちら】

【HP開設記念】商店街全店舗をツアーしてみた。

こんにちは!公社の団地、南砂住宅にある商店街、南砂2丁目商店会です。
このたびホームページを開設しました。
各店舗の紹介と、団地の商店街でのあれこれをご紹介していきます。
どうぞよろしくお願いします!

さて、投稿第一弾は、「商店街ツアー」です。
団地にお住まいでも、どのお店がどこにあるかよく分からない方、いらっしゃるんじゃないでしょうか。
ということで、団地の外からアクセス、加盟店全店舗をご案内します!

最寄り駅は東京メトロ東西線東陽町駅。
4番出口を出て、南砂町方面にいくと、歩道橋が見えてきます。

団地の商店街に行く入口は二つあります。
その一つがここです。もう一つはもう少し先にあります。後ほどご案内。
さて、ここで左に折れて、緑道を進みます。

と、お店が見えてきました。石塚精米店。そのとなりがオーケーです。

さらに進むと、鮮魚村上、その右には男鹿半島

そして、南砂鍼灸接骨院まつ藏精肉店、中華食材の秀栄と続きます。

オーケーに沿って進んでみましたが、その真向かいにもお店が並んでますよ。
団地入口にそびえる建物。団地には、住宅棟が8棟もあるのですが、これは1号棟です。
商店街は、この1号棟の周りにあります。

入口に一番近いのがクリーニング東京おしゃれ倶楽部。その隣がサイクルショップKAITO

建物に沿って進みます。伊勢藤酒店

うおせい丸盛、その奥は写真屋さんホックス

続いて丸長青果ステーキの志摩

以上の店舗は、歩道橋左折れコースが近いです。

商店街に入るもう一つの入口。冒頭の歩道橋の下のバス停を通り過ぎていきます。

ここから入ります!

左手に小さな公園を見ながら進むと、商店の目印である緑のルーフが見えてきます。
右が米の永田屋、左が志摩。ここを右に曲がりますと…

左側はカットスタジオイフみゆき美容室、右側はニケル ワイン&デリカ龍苑弘昇庵シャンティ・サガーがあります。

飲食棟を反対側から。

商店街はまだまだ続きます。永田屋と志摩の間をまっすぐ突き当たると秀栄の奥にキッズブレインそろばん教室

1号棟の建物に沿って進みます。ガハハビール、奥は南砂自立学習会

秋山園みのりケアセンター味一九べ衛

KUMONベルテンポと続きます。

ベルテンポを過ぎるときらぼし銀行があります。その左隣は郵便局、向かいにはマイクリナース牡丹屋があります。


そして医療サービスはきらぼし銀行の向かい側、4号棟に集結。
南砂歯科クリニック南砂メディカルクリニック志宝薬局。団地住民の健康と安心を支えています!

以上でツアーは終了です!ふはー、長かったですね。
団地の中にはこんなにお店があるんですよ~。
商店街マップはトップページにあります。気になるお店の情報、チェックしてみてくださいね!